愛よ届けと願えども

哲学をやれるほど賢くない

雑記

 

 

 

 

地元のクレープ屋さんの傍らにあるベンチに、外人のお兄さんが座っていた。
男女の3人ほどのグループで居たようだが、彼だけは道路に面するように、友人らには背を向けるようにして座り、にこやかに、甘そうなクリームを美味しそうに頬張っていた。
どこかで見たことがある顔だ、と思ったが、彼ほどに整った顔の友人はいないし、何の記憶と混じっているのか、と思い直した時に判った。
記憶に、彼の目があった。
ジャニーズWESTの、小瀧望さんだった。
彼の目は、小瀧望さんの目とそっくりだった。
あの、純粋無垢の子犬のような、嬉しそうでいてどこか物悲しそうな、綺麗な目。

実は以前にも地元で、小瀧望さんにそっくりな、身長までもが同じくらいであろう外人のお姉さんを見かけたことがあって。
やっぱり、小瀧望さんの "かっこよさ" とか "かわいさ" とかいうのは、決してエキゾチックというワケではないけれど、日本人離れしたものなのだなあ、と。

 

 

 

NEWSの増田貴久さんの笑顔の「かわいさ」と「かっこよさ」の比率が8:2 だとしたら、彼は比率が2:8の増田貴久さんだった。
増田貴久さんよりも長身で筋肉も薄くスラッとしていたが、その雰囲気が、スマホを気怠げに弄り、一瞬私を見上げたその姿が、兎にも角にも増田貴久さんだった。(私が増田貴久さんにスマホを弄りながらチラリと見上げられたことは、一度たりともないのだが。)
彼は赤髪で、増田貴久さんのイメージにはそぐわないようなシックな服装をしていた気がするが、正直全くと言ってよいほど細々とした記憶は残っていない。
地元の裏道を、絡まったイヤホンのコードを解きながら歩いていた視界の端で彼を見つけ、一瞬で彼の独特の雰囲気に呑まれてしまった私には、彼の腰掛けたベンチの前を足早に過ぎ、余計にコードを絡ませてしまうことしかできなかった。
薄暗い時間帯であったしコンタクトも外してしまっていたので、彼の顔はきちんと見ていない。
もしかしたら顔はもっと別のタレントさんに似ていたのかもしれないし、あるいは短髪で体格のよい女の人だったのかもしれない。
だけれど、遠目から見た彼の「増田貴久さんみ」は、凄まじいものがあった。

 

 

 

 

人に似ている、似ていない、って結局何なのだろう、と思った話だ。
クレープの彼とのんちゃんの場合はまだ、パーツが似ているということでわかりやすいだろうけれど、お姉さんとのんちゃん、ベンチの彼とまっすーの場合は、どれだけの語彙を以ってどう説明したって、誰にも私のあの感動は10%も伝わらない。実際、言葉如きで伝わってたまるか、みたいな部分もあるが。

 

 

いっそ本人だったらなあ、なんて思いながら、もう一生会うことはないのであろうことを、ただ単純に、少し残念がりながら、人混みをくぐり抜けた。

 

 

 

 

 

 

 

追記 '170722

(後姿が神山智洋さんにそっくりな男の人を見かけた時のツイートを発掘したので追記)

 

服装は静かめなのに後姿が神山さんみ溢れる男の人、大っきめの白Tシャツに黒スキニーでアパレルっぽい黒の衣装袋を縦に背負ってて、金髪で神山さんと同じくらいのプリンになっててめちゃくちゃ好きだった(顔は見ていない)

 

この方は朝方、地元で駅に向かって歩いている時に見かけた。(朝からハチャメチャに興奮した。)

服装がシンプルなところは別として。

筋肉質そうな肩幅とか、体幹しっかりしてそうな歩き方とか、身長184cmと並んでしまえばチビって言われちゃうくらいの身長とか、丸ごととっても神山さんだったけれど、極め付けは衣装袋だった。

残念ながら(?)衣装袋背負って歩いてる神山さんを見たことはないのだけれど、アイドルやってなかったらアパレル業やってそうだな、っていう勝手な妄想。

 

 

 

 

雑記

 

 

 

帝一の國を観てきた。少し前に話題になった、菅田将暉さんや竹内涼真さんが出ているアレだ。

端的に言って、麻薬だった。エンドロールが流れ終えて明るくなった時に、脳味噌が溶けているような感覚に陥った。とても楽しく、贅沢な、幸せな時間であった。

菅田将暉さんの圧倒的な顔面の美しさに平伏しながら、これは原作を読まなければいけないヤツだな、と思った。本当なら、原作を読んでから観るつもりだった。だから一日一回のみの上映になってしまったこんな時期になるまで観ていなかったのだが、遂に「これは上映期間中には読めないぞ」となって苦肉の策で先に映画を観てしまうことにしたのだ。

(どうでもいいが言い訳としては、書店などで見かける古屋兎丸先生の絵がとても好きで、帝一の國を読んでしまったら他の作品にまで手を出したくなってしまう確信があったから、そして、あと数ヶ月は多忙な日々が続く予定だから、など……。)

 

 

帝一の國を観た後は、溶けた脳味噌のままにタワーレコードTSUTAYAをはしごした。そして、初めてショップの「ジャニーズ」のコーナーに足を踏み入れた。

ジャニーズに堕ちて日の浅い私は、ジャニヲタになってから初めてCDショップに行った。これまでの私は俗に言うJ-Popには全く興味がなく、前を素通りしたことしかないコーナーがそこにはあった。

 

私の目的は、「ジャニーズWESTのCDの、どれでもいいから、初回盤を買うこと」であった。何故か。一言で言えば、「ジャニーズWESTに貢献したいから」という、まあそこそこつまらないエゴである。そもそも私のiTunesのライブラリは既に、ジャニーズWESTとしてリリースされた曲を網羅している。しかし問題は、その大半がツタヤでレンタルしたアルバムとAmazonにて中古で買ったシングルであることだった。

Rainbow DreamやMy Best Friendの音源が欲しくて、重岡さんと流星さんのWEST盤(あの悪徳商法っぽいやつ。あれは悪徳。)も、プレミアがついてちょー高かったけど、買った。Can't stopが入ってる盤も。(おおきに、じゃねえよ!なんで通常盤には入れなかったんだよ!ってキレた。)

しかし、自分でキャラメル包装のビニールを破いたのは、最新譜のアイアイしてるやつだけだったのだ。

『これでも私はジャニーズWESTが好きだと胸を張って言えるのか……』と散々考えあぐねた挙句、「初回盤のアルバムをショップで探して、あったら買おう」という結論に至った。

『通常盤は既にレンタルで音源持ってるから買いたくはないけど、初回盤の特典DVDは見たい!中古で探して買ったほうが安いけどこれで愛しのWESTちゃんにすこしでも貢献できるなら!』

……なんとも甘えたヲタクであるが、これが貧乏学生の限界である。そして、無事に二店舗はしごし、見つけられた初回盤はラッキィィィィィィィ7となうぇすと。正直、『いろいろ考えたけど普通初回盤とかショップに残らなくない?』と思っていたので、あっさり一枚ずつお迎えできて満足だ。

 

あと、ファンとして持っておきたいな〜と思ってええじゃないかの通常盤も買ってしまった。これ、1stアルバムに全曲収録されてるから一生買わないと思ってた。だけどいざ実物前にしたら、何故か分からないけどすごく新鮮に嬉しくなっちゃって。で、買っちゃった。

私は本当にド新規で、WESTのみんなの昔の苦労とか全然リアルタイムで知らなくて(今でもファンブログやインタビューで得た知識しかないので詳しくは分からないことだらけだけれど)、FCもまだだしコンサートにも入ったことないのに。

今回店舗でジャニーズWESTのCDをレジに出したことで、少しは自分のコンプレックスが消せたかな?と、少しだけ、期待している。淳太くんも何だか素敵なこと言ってくれてたしね。

 

脳味噌が溶けてるってこういうことだなあ、と思いながら財布の紐が緩んでゆく様を眺めていた。清々しい散財。

 

 

さて、この三枚のCDと二枚のDVD、ゆっくり映像を見られる暇ができるまで未開封で仕舞いこまれる予定だから、まあかわいそう。24魂と溺れるナイフとセクゾのサマーツアーのBlu-rayと、あと諸々見てない特典DVDたちと一緒に並べて、私がしばらくの日々を乗り越える糧として活躍してくれることを願うばかり。

 

帝一の國のサウンドトラックも欲しいなあ。マリオネットも入ってるみたいだし、ね。

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

JUMPから入った弩級に新規の身としてはこんな短期間でセクゾ通ってWESTに辿り着くとは思ってなかったし、そもそも知らないことだらけだし、関西のファンとの絆の強さなんか遠くから少し見ただけで判るし、 "WEST好きです" とは言えるけど "ジャス民です" とは胸張って言えないの


それがすごく悲しい、あと少しでも昔から知れていたら、って


だから私は、少しでもこのつまらんコンプレックスをなくそうと、暇さえあればジャニーズWESTについて、ファンブログを読んだり関西ローカルのレポを見たりなどしています。ナミノリとエージェントWESTは黙って全国放送しろ。

 

ごめんなさい、全国放送というか、東京で放送してくださればもうあとはどうでもいいです。(オタクって身勝手ね)

 

 

 

 

夢にみた話

 

 

 

⚠︎これは私が『夢にみた話』であり『夢にまでみた話』ではありません。

 

 

 

 

舞台は駅のプラットホーム。

 

非ジャニヲタの親友と遊んだ帰り、電車で帰るために改札を抜けて歩いていると、丁度電車が到着した。この路線はここで折り返すため、駅に5分ほど止まる。

 

最寄りまで一緒の親友と、「ラッキー、このタイミングなら座れるかもね」と足を進めれば、紺の浴衣姿の重岡さんが電車から降りて、颯爽とこちらの改札へ向かって歩いてきた。何の所以かジャニヲタ密度の異様に高いその空間は瞬時に騒然となるが、姿が見えたあたりですぐにバッチリ目が合って腰が砕けた私にはもう何もできない。

 

(何がかはわからないが)『ん、仕方ねえな!(上機嫌)』といった風で

「ペン用意しとけ〜」

と言いながらUターンした重岡さんは、群がる女の子たちが差し出すものに、端からサラサラとサインをし始める。

 

(もうこの時点でさっぱり意味がわからない)

 

 

親友は色紙とペン差し出して、私はちゃっかり重岡さんの団扇の裏側を差し出したところ、親友のペンで団扇に

記号組み合わせた似顔絵( (^ヮ^=) じゃなくて ^□^ みたいなヤツ)

「しげおか」「ありがとうございます」

と二段構えで書いてくれたよ。(何故か平仮名、しかも所々鏡文字)

親友の色紙にも

「しげおか」

って書いてくれていた。

 

 

(親友は非ジャニヲタだけど私はジャニヲタだってわかってくれたのかな?いやでも親友が差し出したのは色紙だぜ?こっちは重岡さんの団扇の裏だけど。

 

 

 

重岡さんを見送った後は、親友と二人で悶絶しながら重岡さんが降りてきた電車に乗った。電車内では偶然友人に遭遇し、向こうが一人だったので一緒に帰ることになった。が、三人でいると当たり前のように自分一人取り残される感じになってしまったので、二人には黙って最寄りの改札の近い扉、少し手前のところまで移動。

 

ひとりでボーッとしていると、すぐそばに人が立った。その人は浴衣の帯のあたりをおもむろに、しかもかなり大胆に直し始めて、思わず顔を見上げてみるとそれは重岡さんで。

 

重岡さんらしくなく、帯のあたりに重ねてアクセサリー(着物によくあるようなもので、紺色、黒色のもの)を色々巻いていて、珍しく身に付けるアクセ(ネックレス)もしていて。チャラついていて色っぽかった………

 

 

ネックレスと髪型のイメージはこんな感じ。

(恐らくこの画像の見過ぎ)

f:id:asfos:20170711185412p:image

 

 

重岡さんがお得意のだいきゃんすまいるで見つめてくるから、思わず

「どうしたんですか?」

と訊いてしまう私。声が震えなかった。すごい。重岡さんはニコニコ天使ちゃんのまま、

「友達に渡すつもりだったのに、買うてくるの忘れたものがあってん。その店確か一つ前の駅やったから、時間もあるし戻ろ思うて。」(ニュアンス)

みたいなお返事をしてくれて。

 

 

 

 

 

 

 

ココで夢から醒めた。目覚まし時計ナシで。

 

 

あまりにもキリが悪いだろ自分よ、とうんざりしながらも、この重岡さんを忘れたくない、と未だ夢心地の中に必死にメモった。今推敲して読み返しても全然面白くないしキュンキュンもしないけど、それでも夢の中の私はやっぱり幸せでした。だって、ジャニーズWESTのコンサート、行ったことないんだもん。重岡さんのファンサは塩、とか、そういうの、全然知らないし!

 

おわり。

 

 

 

 

可愛いひとの話





菊池風磨きらい。あの人こうやって歌うじゃん』

image1.PNG

「それじゃあV系のバンドとかも無理か」
『無理』


心の声「えええええ?!菊池風磨さんのよさがわからない?!えっ?あんなに可愛くて恰好いいのに?!無理ってそれマジ?!!まあいいよあなたに菊池風磨さんのよさがわからなくても。私はわかってるから。あなたに菊池風磨さんのよさがわかってもらえなくても、菊池風磨さんには私がいるので!いいよ!」

※実話です



菊池風磨さんへの愛が高まりすぎていて、自分でも少し心配になってきた今日この頃。
上のような会話があった後、私はすごく落ち込みました。何故って?この友人のような、菊池風磨さんのよさがわからない人のほうが、Ladyダイヤモンドの振りを「懐かしい~」とか言いながら真似できる程度には昔からSexyZoneを知っていた、ということが悔しかったから!
いや、グループ自体は紅白とかで見たこともあったし知ってはいたのですが、私はアイドルだろうがバンドだろうが曲から入るタイプのオタクなのです。だから、正確に言えば「昔からSexyZoneの曲を知っていた」となるけれど、便宜上「昔からSexyZoneというグループ自体を知っていた」ということにしておきます。

そんな私が今回書きたいのは菊池風磨さんの好きなところ。
ちなみに言うと、御察しの通り、私は書くのもはばかられるほどのかなりのにわかオタなので、以下はにわかの独断と偏見です。悪しからず。にわか嫌いな人は即戻るボタン!早く!戻ってください!そして、叩かないで!豆腐以上に柔らかメンタリティなので!


では、早速始めます。





①可愛い
これは抽象的すぎてたぶん多方面から石が飛んでくると思うんですけど、とにかく可愛い。
ので、セクチャンと歌番組に分けて書こうと思います。

~セクチャン編~
はじめに、私がSexyZoneを知ったのは時すでに遅し、セクチャンの放送は終了した後でした。なので、セクチャンをリアルタイムで追いかけていたわけではありません。
でも、文明の利器某動画サイト様には何本か番組の動画が載せられていますね?全身全霊を込めて、感謝です。五体投地レベル。そして、番組の"面白シーン"を集めた短い動画もいくつか載せられています。

番組を見なくても、その短い動画を見ただけで菊池風磨さんの可愛さは存分にわかると思うのですが、とにかく一挙一動、全てが可愛い。オープニングの眠そうな顔が可愛い。メンバーにツッコむ仕草が可愛い。キチガイじみたおふざけが可愛い。時折見せる不機嫌そうな顔が可愛い。勝負事に熱くなる真剣に大人気ない顔が可愛い。めちゃくちゃに負けず嫌いで悔しがる姿がまぶしすぎて恰好よすぎて最早可愛い。加えて言えば、しょーもない掛け合いを楽しむ年上二人組、年下組をいじめて遊ぶ年上二人組が、可愛い。

image2.JPG

(菊池風磨さんと同じくらい中島健人さんも好き、というかそもそも中島健人さんのおかげでSexyZoneに興味を持った私ですが、中島健人さんについては今回は割愛。中島健人さんのおかげで菊池風磨さんに出会えました。中島健人さんありがとう。シンメ万歳。ふまけん万歳。)


~歌番組編~
こちらも本当に最近の番組しか見ていないので何とも言えないのですが、とりあえず少クラはカメラの切り替えがあまり細かくなくて割と広範囲映るので見ていて楽しいということだけ。
そして可愛いところですが、大まかに言えば"やたらとカッコつけるところ"ですね。悪口じゃないです。

まず、色々と動画を見て、すごくよさを感じたのが欲望のレインです。


これです、これのジャケット芸。もう多くは語るまい。感じるのみ。

次。

image3.JPG

ひとりだけ腕落ちてきてるよ!おーい!
個人的に、風磨くんの抜けるところは抜けてるダンスが結構好きです。私はダンスには特別詳しくはないですが、自分のよさをわかっていて、その魅せ方も上手いなと思います。もちろんIF YOU WANNA DANCEとかElectric Shockみたいなガッツリ系も好きですよ。

最後は、2枚目は冒頭にも載せましたが、これ。

image4.JPG

image5.PNG

こういった歌唱スタイル、マイクの持ち方が嫌いな人もいるとは思うのですが、私的には好きです。最高に可愛い。というかこれ、冷静になると、オタクじゃない人たちにはただのカッコつけてる人にしか見えない気がしてきた。だって、昔の私に「この菊池風磨さん可愛くない?」って超ハイテンションでこれらの画像を見せても、相当なローテンションで「誰?今度はカッコつけ?」ってボソッと返事されると思います。
でもこれって、明らかに、一般人に自分のかっこよさを見せつけるため、というよりも、オタクに風磨くん可愛い!キャーッ!って叫ばせるためにやってますよ。ね?だって

image6.JPG

『やめてください!カッコつけてるんです!』

はい、次です。



②声
言ってしまえば、これはただ単純に私のフェチです。
5thアルバム内のソロ曲、...more。聴くたびに「あ、ダメ、爆発する..」ってなります。詰まったような、ちょっと苦しげな歌声が好きなんですね、たぶん。
ソロ曲以外でも、ソロパート、かなりありますよね。好きです。声が。歌い方も。どちらも性癖どストライクで好みなので、掛け算で総好きポイントが恐ろしいことになります。
でもね、声の好きなポイントって実際よくわからないです。言葉にできない。だって、フェチって性癖ですよ。もう、何となく好き、としか言いようがないです。はい、私は菊池風磨さんの声が何となく好きです。

image7.JPG

かっこいい。





もう自分が何がしたいのかわからなくなってきたので、この辺りでおわりにします。まさか初っ端からこんなに書く羽目になるとは思わなかった。初回は中島健人さんについて何か書こうと思っていたのに..。次は中島健人さんでこれやりたいな。冒頭に書いたような、何か私に火を付けるような出来事があったらやります。あー楽しかった。


おしまい。