宇宙旅行の話

 

 

 

 

2018.05.20

NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA (all last)

 

(これはNEWSの新米オタクがEPCOTIAの最終便に搭乗した際の備忘録兼懐古・述懐です)

 

というか いきなりですが 初めてのNEWSがオーラスってどんな贅沢だよ ね

(至上最幸の2時間半でした)

(セトリを追うだけで脳内コンサート追体験しちゃって もう一週間経とうとしているのに全く余韻が抜けなくて 学校でも口を開けばNEWSの話ばかりしている自分がいるのでもはや正直しんどい)

 

 

コンサート以前の話

 

コンサートのちょうど一週間前に初めてNEWSのコンサートDVD(NEVERLAND)を見て 一瞬で心を持っていかれて コンサートに行くと決めてからは一週間弱ただひたすらにEPCOTIA(とセトリで作ったプレイリスト)を聴き続けました

というのも もともと NEWSなど眼中になし というわけでもなかったのでN恋(NEWSに恋して)はやってたんですよね

newsnikoi.jp

それを知ったNEWS担の友人が「EPCOTIA行かない?日曜夜ならチケットあるよ」と連絡をくれたのですが 調べてみたら日曜夜ってオーラスじゃん?いいのかな? なんて軽い気持ちで「よく知らないのに行くのも申し訳ないよ」などと返事をすれば「本気で落としにかかっていい?」という返事があり急遽日曜日のDVD鑑賞会が決定したわけですが(この時点で土曜日=オーラスまで既にあと8日しかない)

結果から言えば 一回コンサート映像(+MCダイジェスト)観ただけでここまで堕ちるか?! って自分でも引くくらいにコンセプト・世界観から曲からNEVERLANDのNEWSが趣味嗜好にストライクで もともと歌番組出てれば録画する程度のライトな「好き」だったNEWSへの気持ちが一気に肥大化したのを感じた と同時に その場で布教主であるDVDを見せてくれた友人に「EPCOTIAに連れて行ってください」とお願いした次第でした(その日はNEVERLANDとEPCOTIAのアルバム2枚を借りて帰宅した)(好きな人が滅茶苦茶に愛されている世界ほど尊いものはない)

 

結果的には月頭に入ったSexyZone(XYZ=repainting)のときよりも入念な準備と友人による有難い解説のおかげで(音源の入手できなかったメガロマニア以外は)思いがけず全曲しっかりと曲を覚えることができてめちゃくちゃ楽しめました し もうすっかり引き返せないところまで来てしまいました どうしてくれんだ............(ちなみにメガロマニアの音源はコンサート後ちゃっかり入手しました 好き)(※SexyZoneはリリースの都度聴きこんでいたのでそこまでの準備が必要なかった というだけで 丸腰で参戦したわけではないです)



コンサート当日の話

 

とりあえずEPCOTIAというアルバムからして世界観が好きで さいたまスーパーアリーナの会場に入ってセットを見た瞬間にトキメキが振り切れました 宇宙じゃん.... 好き........ あわよくばあの空間に住みたい(照明の暗さもちょうどいい)

(浮かんでいる全天体が同程度のサイズで作られているのをみて

遠近法の利かない錯乱状態に陥らせることで自分が今現在宇宙のどのあたりにいるのかすらわからないようにするなんてさすがはNEVERLANDに続くファンタジックな世界観

などと解釈して勝手に更にときめく程度には脳内花畑)(端的にヤバい)



開演前にも流れていたOverture的な映像がやっぱり可愛くて泣きそうになって(通常盤しか借りなかったので初見だった)席は200レベルでトロッコ目線ちょい上程度の高さ(近さ)にうれし泣きかけて からのOPのEPCOTIAが始まって 人生で初めてこの目でNEWSを視認して その瞬間に NEWSが生きてる........ って泣きました(昨年SexyZoneを初めて視認したときも同じく泣いた(涙腺))

宙吊りの演出にはびっくりしましたし可愛いし好きです

 

EPCOTIA〜TWINKLE STARはアリーナ音響で音浴びれるのがただただ嬉しくて(ヒロイズム楽曲とアリーナ音響の親和性について議論を深めたくて仕方がない) KINGDAMめっちゃかっこいいんだよなあ TWINKLE STARが というか全体的に手越さんの歌が上手すぎて 加えてスクリーンに抜かれるメンバーのお顔が綺麗すぎてまさに何れ菖蒲か杜若 冒頭で本当に本当に好きになってしまいました やれやれ くるくる回るシゲアキさん可愛い この3曲はマジで聴いていて気持ちがいい 流石の一言に尽きました

 

紅く燃ゆる太陽〜LIVEとNYARO4+FANあたりは初なりにがんばって踊った(?)つもり 楽しかったです (後々のweeeekは跳ぼうとしたけど200レベルでも狭くて高くてちょっと怖かったのでかかとだけ飛びました(NEVERLANDのDVD観たのに ごめんなさい))

NYAROがめちゃくちゃに楽しかった とにかく楽しかった 今でもNYARO聴くと にゃろ! ってペンラ振りたくなっちゃうくらいには

恋する惑星はね ただでさえとっても好きな曲だったから めっちゃ可愛くて失神するかと思いました

 

JUMP AROUND〜IT'S YOUの流れがめちゃくちゃエモかった とにかく曲がイイんです

氷温の最後はシゲアキさん言ってくれるしシゲアキさんの演出が本当に好きだなあと思いました あやめ然り(あやめ生で観たかったなあなんて思ってしまった)氷温の前半(肉眼で凝視していた)は手前のステージにシゲアキさんいたのに柱とかクレーンとかでイマイチ演出がよく見えてなかったから青木アナ曰く『ハイヒールをジャニ持ち』はよくわからなかったんだけど 最後(肉眼は諦めてスクリーンを見ていた)にシゲアキさんがハイヒール履いた瞬間に初めてハイヒールが視界に入ってマジでその場に座り込みそうになりました 美しい男とハイヒール っていうのはまあなんというか性癖 シゲアキさんの演出はやっぱり神(何度でも言う)(あのハイヒール欲しい)

(氷温を円盤にて考察を交えながらゆっくりゆったり観るのが本当に楽しみなので考察ブログなどは見ないように徹底しています)

AVALONでシゲアキさんのとこだけ最後まで桜の花弁舞ってるのはめっちゃ姫だったし逆に手越さんのとこはすぐ舞い終わっちゃってたのは何だったんだろう 風向きかな AVALONもっかい観たいな 漠然とただ漠然と すっごくよかったです

 

何度でも言いたいんだけどプラトニックは泣きました プラトニック本当に好きでCD音源でも泣こうと思えば泣けるんやけど 生ですぐそこで手越さんが歌ってるのマジで軽率に堕ちそうになりました ヤバかった 手越さんの歌声がほんっとうに好きやった(ここで確実に手越さんの歌ファンとなった)

某動画サイト界隈のタグ芸で 喉からCD音源 とか 口からCD音源 とかあるでしょ そういう次元じゃなくってね CDより生歌のほうがイイなって初めて本気で思ったし生歌のほうが絶対的に好きでした(いやCD音源でも10割好きなんですけど)ハモり含めて 全篇通じて手越さんやべえなって感じさせられっぱなしだったわけで 高音マジでやべえよなぁ.... 低音は言うまでもなく........ 顔もいいし............(手越さんのあまあまな笑顔を思い出してはひとりで きゅっ ってなる(これに関しては生である必要はあまりない))

 

次いでEROTICAなんですけど EROTICAめっちゃよかったんです 手越さんの浴びた桜の花弁の残骸の上でシゲアキさんがEROTICAしてるのめっちゃEROTICAだったし一刻も早くもう一度観たいんです お願いだからもう一回時空歪めてください 頼む

(これは某JEさんに直談判も辞さないお願いがあるのですが どうかEROTICAとAVALONのソロアングルくれませんかね ご検討のほど宜しくお願い致します)

 

そして NEVERLANDの円盤で布教を受けて瞬時にNEVERLAND地縛霊になりかけた女なのでメドレーでNEVERLANDを歌い出した瞬間に膝から崩れ落ちかけました だってまさか聴けると思ってなかったし(ちなみにWhiteもQUARTETTOも数年前に例のNEWS担から運よく借りていたので運よく知っていて サビしか知らないメガロマニアに射抜かれてからの時空が歪むあの流れは本当にもう勘弁してくれってくらいに感情の整理がつかなくて 頭もついていかなくて 終始間抜けな顔をしていた自信があります)

 

あとね U R not alone 歌えて嬉しかったんです

NEVERLANDのDVDを見たときにめちゃくちゃ素敵で贅沢な時間だなって思ったから 今回こうしてその場に居られたことがただ単純に嬉しかった

(付け加えれば これまで自分がそんな風に感じるほどロマンチストだとは思っていなかったので このロマンティシズムは今コンサートにおける自己に関する新たな発見でした(は?))

 

で HAPPY ENDING まさか自分泣くとは思ってなかった(だって客席にとってはサプライズでもなんでもないし)(NEWS HAPPY ENDINGって描かれるとは知らんかったけどね)けど手越さんが妙に静かにしてるとことかNEWSさんたちの様子を見ていたらなんか普通に泣いていました し あの瞬間会場の全ての繋がりがステキな関係だなあと思いました

というかこのサプライズの何がエモいって もともと演出として「NEWS とかペンラで描けたらいいね」みたいな話があったのをスタッフさんたちがしっかり覚えてて オーラスのサプライズでやったろ! っていう心意気(推測)

もう愛が過ぎて 確かにペンラの遠隔制御だけじゃじゃキツい部分もあるけどこういう(座席に "そのタイミング" でペンラを点灯するか否かの印をつける)形ならきっかり綺麗にできるもんね

スタッフさんへ 本当にめちゃくちゃ綺麗でしたよ いいものを見させていただきました 感謝しています(誰目線)(私の席からじゃ NEWS と ENDING しか見れなかったけど)

自分イルミネーションとかそういう類のものに感動して泣くタイプじゃないと思ってたんですけど ね

 

 

最後の挨拶で増田さんが泣いているのを見てまた泣きそうになった

直後のシゲアキさんが増田さんの肩抱きながら客席と増田さんに向かって『NEWSがそばにいるから』みたいなニュアンスのことを言ったとき ああなんて幸せなんだろう と思いました

あの瞬間のわたしは間違いなく確実に正真正銘100%宇宙一幸せだった と思う そしてそう思わせてくれるアイドルというのは本当にすごい 完璧なエネルギー・駆動力



U R not aloneとかイノセンスのあたりでシゲアキさんがトロッコに膝をついて蹲って歌っているのを見て ああわたしこの人のこと好きだ って思いました 遠かったけど 双眼鏡もないのにただただひたすら眺めていました どんな具合にスクリーンに抜かれてたのかもよくわからんくらいに

あとシゲアキさんはやっぱり言葉選びがロマンチックで 最後の挨拶も上記の件以外はよく覚えていないけれど ああ好きやな って思ったことだけはわかってる


あと 超絶個人的な話としては 当日の朝から幸せ満開すぎるN恋のおみくじがシゲアキさんの大吉にさくらガールで さくらガール好きやのにセトリ落ち惜しいな って思ってたらMCで手越さんがさくらガール的な何かを歌いながら捌けていって あれ?夢叶ったな?手越さんありがとう?大好きだよ?? って普通に死にました

(ラッキーカラーはパステルピンクだったのだけれど 浮かれ女はパステルピンクのワンピースとか持ってたら絶対着て行ってしまっていました 持っていなくてよかった)

ついでに言えば 同じく当日朝ママが見せてくれたLINEの占いは1位でラッキーカラーは緑だったし『遅い時間帯ほど絶好調!朝より昼、日中よりも日没後!』なんて書かれていたから最高な気分でEPCOTIA最終便搭乗できました やっぱりモチベーションって大事です 占いは宗教だとしても



あとはMC 「今日初めてNEWSのコンサートに来たよってひと!」みたいなC&Rのときに元気よく挙手したんですけど 小山さんか誰かに「今手挙げたお前ら14年間何やってたんだよ!もう15周年だぞ!」みたいなこと言われた瞬間 好き! となったし同時に 本当に14年間何やってたんだろうわたしは と真面目に反省しました

というか 15周年って何?15年前とかわたしまだ5才にもなってないし?みなさん若々しすぎない?(確かに昔の映像みると今とはまた違った若さがあるのは事実なんですけど)



強引ですがまとめとしては OPとプラトニックと時空歪んでWhite〜NEVERLANDに飛ばされたメドレーとHAPPY  ENDINGで泣きました(涙腺が婆)

 

 

コンサート以降の話

 

NEWSさんの15周年の味スタ行きたすぎるけどこんなど新規が行くんは申し訳ないし炎天下音漏れ聴きに行こうかな なんて思っています めっちゃ人いそうだし熱中症で死にそうだけど



しばらくはエモが抜けなさすぎて6日も経った今日でさえセトリで組んだプレイリストやアルバム(EPCOTIA)ばっかり聴いているうえに真っ青なうちわとなんか強そうなペンラとNEWS担にもらった銀テを眺めては息を吐いているし コンサート3日後頃には一度 何故かSnow Danceエンリピしてみたりもしました(不意打ちだったNEVERLANDと 帰りに前を通ったらちょうどSnow Danceが流れていた居酒屋軒下の夢の国のDVDを引きずりすぎ)

 

 

あと シゲアキさんが右手中指にだけ指輪してたからわたしもコンサート終わってからはずっと右手中指にだけ指輪してるんですけど ふとした瞬間指輪の存在を思い出すたびにドキドキするからシゲアキさんは天才だしわたしは相当気持ち悪いですね シゲアキさんごめんなさい

 

昨日に至っては 買ったままで積んであった文庫の閃光スクランブルを読んでしまいました ピンクとグレーと読後感が一緒で『THIS IS シゲアキ』という気持ちになって わたし太宰治が結構好きなんですけど 太宰並みに癖があるなと思って シゲアキさんももうちゃんと "作家" だな なんて考えていたらうっかり読んでしまった解説に似たような記述があってめちゃくちゃイラつきました 悔しいので夏までに全ての単行本書き下ろしと文庫版とを読もうと思います というか絶対に読みます 今現在文庫Burnとチューベローズ2冊を積んでいるので単行本4冊と文庫1冊(とりあえず傘をもたない蟻たちは は文庫化にあたってどれだけ修正かかってるのかみなきゃいけない)買いますね........(果たしてこれでいいのか?)




 

グダグダに次ぐグダグダでしたが EPCOTIA搭乗についての私的備忘録はこれにて了とします

(最後まで読んでくださった方には私の興奮さえ伝わっていれば....)

(身もふたもない ごめんなさい)

 

 

 

 

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 

 

EPCOTIA(通常盤)

EPCOTIA(通常盤)

 

  

 

 

 

(NEVERLANDのコンサートDVDのリンクが何故か貼れないので とりあえずCDだけ....)